デイサービスでの介護と支援の日記

介護保険と障害者総合支援法のデイサービスについて書き綴っています。

ICT化

今日は、介護ソフトの件を業者さんと話しました。

近年はICT化が叫ばれていますが、枚方市のデイサービスも例外ではありません。

いかに作業レベルの仕事を自動化するかは働いてくれている人の負担を大きく軽減する可能性があります。

しかし、これは諸刃の剣で、スタッフのICT化に対応できないと、システムを入れるだけで機能しなくなってしまいます。

業務レベルでパソコンは使用していますが、それは様式やソフトがある程度操作を導いてくれていると考えます。

当然、ICT化を進めれば、そういった利点もあると思いますが、操作に慣れるまでの時間が掛かると見込まれます。

体系的にパソコンを学んだ人が多ければ、ICT化もスムーズに進むでしょう。

しかし、そういった人材が少ないと思われる介護業界では、まだ導入は早いのではないかと思います。

タブレット等の管理や、個人情報の問題等が重く動きが取り辛いです。

しかし、枚方市の有料老人ホーム内では使用できるのではないかと思っています。

情報共有もスムーズになりますし、上述した問題等にも対処できそうな感じがします。

一つの部門から導入し、全体に広がるようなICT化が現状はベストではないでしょうか。

タブレットの導入費もかさむので、それも考慮して考えていきたいと思います。