デイサービスでの介護と支援の日記

介護保険と障害者総合支援法のデイサービスについて書き綴っています。

障がい者デイサービス 生活介護事業

生活介護事業を行っている企業や組織が増えています。

それには、介護事業と隣接領域である障がい福祉サービスを提供することで、人員、そして事業間の相乗効果、さらにリスクヘッジが見込めるからではないでしょうか。

弊社でも、生活介護事業を行っています。

しかし、その趣旨は異なります。

それは、内部から上がってきた声を吸い上げて、事業化させたことです。

スタッフから生活介護の事業をやりたい、という声が出て、それを事業計画に盛り込み、事業化を進めました。

社内から新規事業について声が上がるとうことは、嬉しいことです。

受身にならず主体的に動いているスタッフには感謝しています。

もちろん、事業計画の段階で、採算性をしっかりと勘案しましたが、最初は当然ながら赤字です。

しかし、スタッフのやる気とその事業の先行きの明るさを判断し、事業を行っております。

枚方市のデイサービスは長年やっているので、ある程度安定していますが、生活介護はこれからです。

徐々に利用者様も管理者、そしてそれを支えるスタッフによって、増えてきています。

いつしか、利用者様がいっぱいになると思っています。

その時に、しっかりと利用者様がいない時期を思い出して、謙虚に仕事に取り組んで欲しいと思います。